スピリチュアルカウンセラーが「スピリチュアルカウンセリング」と「霊能者」の違いを解説します

こんにちは。スピリチュアルカウンセラーの小林由起子です。
スピリチュアルカウンセラーとして、日々カウンセリングのご依頼を頂いております。
そんな中で、ご相談者様からこのような質問を受けることがあります。

「霊能力があるんですか?」
「霊能者なんですよね?」

このご質問に対する回答は、少し長くなりますが、今後のお役に立てると思いますのでぜひ最後まで読んでいってくださいね。

霊能者を名乗らないわけ

私は自分自身を「スピリチュアルカウンセラー」としています。

「霊能者じゃないんですか?」と聞かれますが、霊能力がある人を全て霊能者というなら、私も霊能者です。ただ、私の中では「霊能者」と「スピリチュアルカウンセラー」の意味合いは少々異なります。

私自身は「カウンセラー」の部分をとても重視しています。「霊能力を用いてのカウンセラー」です。霊能力があるだけでは、困っている人の真の助けにはなれないと思っているからです。

皆様は、「霊能者」という言葉にどういうイメージをお持ちでしょうか?

「お告げをする」
「先祖の供養とか因縁について教えてくれる」
「霊に憑かれているか教えてくれる」
「除霊をする人」

おおよそ、そんな暗くて怖いイメージではないでしょうか?
テレビなどを通じて、霊は怖いもの、危険なもの、とアピールする霊能者の方が多いので、多くの人はあまり良いイメージがないと思います。これはとても残念なことです。

そのため、私は敢えて「スピリチュアルカウンセラー」を名乗っています。
霊的な視点を持ち、霊能力を用いてアドバイスできる、いわゆる魂のカウンセラーです。

スピリチュアルカウンセラーとは?

一般のカウンセラーさんは、ご相談者様のお話を聞き、問題を把握し、解決のためのカウンセリングを行います。

それと同じように、スピリチュアルカウンセリングでは、「霊能力」を用いて、指導霊、守護霊様と交信を行います。その上で、今世で起こり得ている問題の原因、魂の課題、前世のカルマや、今世でのトラウマ、ご本人の性格、気質、課題克服等をお伝えさせていただきます。

最終的には「どのようにこの人生を作り出していくか」を、ご相談者様の魂の今世での目的や課題に沿って、カウンセリング形式にてお話ししていきます。

霊能力を用いる点だけをみれば、「霊能者」と「スピリチュアルカウンセラー」は同じかもしれません。けれど、カウンセリングをせず「言いっぱなし」で解決策まで提示しない霊能者さんに当たったというお話はよく聞くところです。

「言いっぱなし」の霊能者では、困りごとを解決できない

「最近良くないことばかり起こります。何故でしょうか?」

こう質問されたら、霊能力がある身としてどのように応えれば良いでしょうか?
霊能者は、その原因を突きとめることができます。

「あなたには因縁があり、憑依現象があります」

ここまでは、スピリチュアルカウンセラーである私と答えはほぼ同じです。では、相談者の方はこの後どうすれば良いのでしょうか?

「すぐに除霊した方がいいですよ」

と言う霊能者の方は多いです。でも、除霊してくれるわけではない、問題に対しての根本的解決策まで話してくれない、怖いことを言われたままで終わってしまった、かえって悩みが深くなった……等々、これらはよく聞くお話です。

これでは、相談した意味があまりないと思いませんか?

その点、スピリチュアルカウンセリングは、問題の原因以上に解決に重きを置いています。
良くないことが起こり得る原因を、因縁や憑依のせいにして終わりではありません。

「何故良くないことが続くのか」
「それに何の意味があるのか」
「それらをどのように克服すれば良いのか」

このように流れをつくって、守護霊や指導霊と交信しつつ、解決のためのアドバイスをさせていただきます。

しかし、本当に憑依が強かったり、霊障がある場合には、それははっきりとお伝えさせていただいております。その方に、それがとても影響のある場合です。

それ以外の軽い憑依は誰にも起こり得ていることなのです。ただ、強い憑依現象の場合、強制的に除霊しても、憑依された側に原因があれば、また戻ってきてしまいます。ですので、除霊が有効でない場合が多いのです。

こういうときこそ、スピリチュアルカウンセラーの力が発揮される場面です。
私は、除霊よりも、憑依霊と話をして、目的や思いを聞き出すことを重視しています。そして、霊との対話で、自然に向こうの世界に行ってもらえるよう促しています。目的は成仏してもらうことであり、これがいわゆる「浄霊」です。

その後は、「何故憑依をされたのか」という、憑依された側の原因や要因も、霊視によりお話させていただいております。ご本人が改善されないと、憑依は延々と続いてしまうからです。
強制的な除霊よりも、低級霊に憑依された原因をお伝えしてご本人様に改善していただく方法の方が、断然効果的なんですね。

私のカウンセリングは、英国や米国で学んだスピリチュアリズムが土台となっていて、魂は輪廻転生を繰り返すという「魂の永遠性」や、前世の実在を前提として「今の人生をどう生きるか」をお伝えさせていただくものです。

霊能力の正しい理解

スピリチュアルカウンセラーとして、霊視等をやっておりますと、霊能力そのものに興味がある方にもお会いします。
いつの時代でも、多くの人々が霊視や占いに関心を持ち、その結果に一喜一憂してきました。「当たる、当たらない」というはっきりした答えを期待している方はとても多いと思います。

「当たる霊能力者を探したい」というご要望もよく伺います。
しかし、お困りごとの解決のためには、霊視鑑定についての正しい理解が不可欠だと私は思っています。

「当ててほしい」
「当たらなかった」

は本来問題ではありません。霊視により、正しい運命観・因縁観が分かれば、もはやこの世の出来事や自分自身の悩みに右往左往して、人生を無駄遣いすることはなくなります。
すると当然、「当たる、当たらない」は、どうでもいいことになるのです。
あなたの問題、課題、お悩みは解決しているのですから。

「すべての体験が、自分の霊的成長にとって必要なものである」
「苦しみは、本当は善いものであって不幸ではない」

なかなか難しいと思いますが、このことを自覚できれば、将来に対する不安は消滅します。

そこまで導けるよう、私は丁寧なカウンセリングを心がけています。これは、単なる霊能者ではできない手法です。

一部、不安を煽るような発言をする霊能者やスピリチュアルカウンセラーもいらっしゃいますが、いかがなものか、と思ってもいます。

「先祖に悪い行いをした人がいるから」
「お墓が悪いから」
「悪霊が取り憑いているから除霊しなさい」

このような発言は「恐れの発言」であり、ご相談者様の生き方を逆に妨げることにもなります。

本来の霊能力者(霊視鑑定)には、相談者様の前世から持ち越してきているパターンや今の人生に与えられた課題を知り、何を克服し、どのように生きるか、どのように生きるべきかを理解するための道しるべという役割があります。

それをお伝えできず「当たる、当たらない」を主張している霊能力者は、本来やるべきことをやっているとは言えないと思います。

ご相談者様が、自分自身が生きるべき課題、乗り越えるべき方法の全体像を見ることができるように導くのが、私の行っているスピリチュアルカウンセリングです。

未来をつくるということ

そもそも、未来を正確に当てられる霊能者はこの世には存在しません。
何故なら、未来は人の意思によって変わっていくからです。

「自分の未来は、自分自身が作り出していく」

これを意識していただければ、未来は大きく開けます。この現世での生きるべき課題、「どのように彩り豊かな人生を作り出すのか」をお手伝いするのが霊視鑑定であり、霊感カウンセリングなのです。

「因果」より「今の生き方」を見直すことができれば心が軽くなるものです。
霊障がある方でもない方でも、霊視や交信により、お困りごとがある方のお力になれるのがスピリチュアルカウンセラーです。
どうぞお気軽にご相談ください。

Follow me!