愛するペットを亡くしたとき

故人は、残された者を、生前よりも深い愛情で見守り続けてくれます。

それは人間だけに言えることではなく、ペットの場合にも言えることです。

私は今まで、多くのペットたちとも交信を取ってきましたが、共通して言えることがあります。

我が子のように愛するペットを亡くされた場合、悲しみは大きく、

 

「本当は、また可愛いペットを飼いたいのだけど、もう二度とあんなつらい思いをしたくないから、ペットは飼わない」

「亡くなった子(ペット)に申し訳なくて、新しい子は飼えない」と言われます。

 

しかし、亡くなったペットたちは、飼い主であるママやパパの幸せを願っています。

 

実は、新たにペットを飼って、楽しく笑顔で暮らしてほしいと願っているのです。

亡くなった子(ペット)に「申し訳ない」という気持ちで、新たなペットを飼わないということであれば、それは亡きペットにとっては悲しいこと。

新たな家族を迎え、飼い主であるママとパパの悲しみも和らぎ、笑顔で過ごすことこそが、亡くなったペットの供養と成仏につながるのです。

また、ペットを亡くされた悲しみから、お骨をご先祖様の仏壇に収めたり、 ペットの仏壇を作ったりして、納骨しないでずっと近くに置いている場合があります。

そして、いつもそばにあるゆえ、そのお骨に悲しみの気持ちを向けてしまっているケースも多く見受けます。 

悲しいことに、そうしたペットのほとんどは、飼い主さんのことが心配で、きちんと成仏できていないのです。

亡き愛するペットの幸せを願うのであれば、悲しみの思いを引きずり続けるのではなく、良き思い出として、

「楽しい思い出をありがとう」という気持ちを表すことが何よりも大切です。 

 

霊視の相談や霊視鑑定ならスピリチュアルカウンセリングのTOPへ戻る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。