〝結婚しない〟という人生の課題もある

この現世において、「結婚しない」という魂の課題を、自ら選択して生まれている場合があります。 

しかし、「結婚しない」という課題があるにもかかわらず、結婚に対して固執してしまうと、自分が本当に進むべき方向にフォーカスできなくなることもあります。 

自分の進むべき道を知ることにより、大きな夢を叶えられた

今川美紀さん(38歳)は、「結婚したいのに、できない」という悩みを抱えていました。 

私の元にスピリチュアルカウンセリングにお越しいただいた美紀さんのお話を伺うと、婚活歴は8 年になるけれど、「結婚が決まりそうになると、いつも破談になる」とのこと。 

そのため、「いっそ、結婚は諦めてしまったほうがいいのか」を知りたくて、お越しになったのです。 

美紀さんのお話を聞きつつ、私の霊視した視点では、美紀さんは「結婚しない」という課題を持っているのではないかと感じ取れました。

そこで、美紀さんに確認させていただきました。

 

「この現世において、結婚をしないという課題を持っている場合があります。

もし、美紀さんがそのような課題をお持ちになられていたとしたら、私はその旨をはっきりとお伝えしてもいいですか?」

 

美紀さんは「えっ?」と少し驚いた表情をしました。

でも、その後すぐに「大丈夫です、もしそうなら、はっきり言ってください」と言われました。

私がなぜこのような質問をしたかというと、人によっては、現世での「結婚しない」という課題を受け止めきれず、激しく落胆し、将来に対して希望を見いだせなく なってしまうこともあるからです。 

そのため、本人のご意思を尊重し、確認したうえでお話をさせていただこうと思ったのです。

美紀さんが了承されたので、結婚できない理由にどのような原因があるのかを、私は霊視し始めました。

 

ゆっくりと浮かんでくるビジョンは、日本ではない大草原が広がる大自然。

アフリカのサバンナなのか、夜には無数の星空が美しく広がっています。

そして、日の沈む頃には、真っ赤な夕日が草原を照らしているような穏やかな光景が広がっています。

このビジョンの中では、美紀さんは女性です。

たくさんの子どもがいる母親です。

この民族は、男性は狩りに赴き、女性は子どもたちの世話をして、女性の役割と男性の役割を尊重しながら一生懸命に子育てをしているようです。

現代のような競争社会でもなく、自然と共存しながら穏やかに生活をしている民族です。

このビジョンを受け取っている私ですら、見ていてとても心に穏やかさを感じました。

この前世での美紀さんは、穏やかな日常を送り、母として子どもたちの成長を見守り、妻として夫を支え続け、穏やかな幸せの中で、この生涯を終えていきました。

思い残すこともなく、全うした人生でした。

家族に対しても感謝の気持ちを持ちながら……。

 

ここで、前世のビジョンが終わりました。

私はまず、この前世を美紀さんに伝えました。

すると美紀さんは言いました。

「私は前世で、とても幸せだったのですね。穏やかで、たくさん子どもがいたんですね。

実は私は、学生時代から結婚に対してのイメージとして、「穏やかな幸せ」という思いが、すごく強かったんです。 

結婚すれば穏やかになれるのではないか……、ずっとそう思っていました。 つらいことや苦しいことが続いても、「いつか結婚すれば幸せになれる」と漠然と思っていたんです。まさにその前世のように」

私は、なぜこの前世を知ることが美紀さんにとって必要であるのかについて、説明をしました。 

 

「今見た美紀さんの前世は、多くの子どもを育て、妻として夫を支えてきた穏やかな人生でしたね。この前世は、穏やかな人生、母として妻としての自分の役割を全うするという課題を与えられた人生でした。

 魂の学びは、何十、何百と生まれ変わる命の中で、幸せも、苦難も、チャレンジも、病気も、さまざまなことを経験しなくてはなりません。美紀さんは、この前世での課題は全うしました。

ですから、今、この現世では、前世とは異なるステップアップした課題を選んで生まれてきているのですよ」

 

「では、この前世のように、また穏やかな幸せな結婚生活を送ることはできないのですか?」

美紀さんは不安な表情で質問されました

私は、美紀さんの現世での課題、そして結婚ができない理由を話し始めました。

 

「美紀さんの現世での課題は、前世における女性としての役割と子育てを全うした魂の経験を生かし、社会を育てたり、助けたりするような大きな役割を持っています。

なので、課題としては、美紀さんが望むような『穏やかな結婚』という形ではありません。

前世で全うした経験よりも、ステップアップしなくてはならないのです。 そのために、『結婚』という視点に美紀さんがフォーカスし続けると、魂が『役割が違いますよ』と、結婚を回避させる方向に向けさせるのです」

 

しばらく沈黙が続き、美紀さんは何かを考えているようでした。

それから、「だからなんですね!」と声を上げました。

美紀さんは、話を続けました。

 

「実は私、『穏やかな結婚をしたい』と願いながらも、家庭に入ってしまうと、きっと後悔する……と、心のどこかでいつも思っていました。 『何かしなければ』『人助けになることをしなければ』『何か多くの人に関われることはないか』という気持ちが強い一方で、『結婚したい』という気持ちと板挟みになって、いつも悶々としていたんです。あぁ、だからなんですね」 

 

「そうです、その通りですよ。 美紀さんは、もっと大きな観点で、社会の中で何かを育てたり、社会と関わりを 持ったりする役割にフォーカスしていかなければなりません」

 

「わかりました。よくわかりました、私の中でつながりました! これで気持ちが固まりました!」

 

「えっ? どういうことですか?」

 

「実は私、自分で事業を起こそうと思っていたんです。最初は事業というほど、たいそうなものではないかもしれませんが……。

 でも、今この事業を始めたら、本当にもう結婚ができなくなってしまうのではないかという思いもあって、踏み出せない気持ちでいました。

今日、お話を伺って、スッキリしました。

自分の進む方向が、はっきりしました。頑張ってみます!」

 

こうして、元気な笑顔でカウンセリングが終了しました。

 

それから半年ほど経ち、美紀さんからご連絡をいただきました。

「あれからすぐに、私は動きだしました。

実は、働くお母さんや産後のお母さんのためのケアで、

仕事で遅くなったお母さんの代わりに、お子さんを保育園に迎えに行って自宅でお預かりしたり、

産後、実家に帰れないお母さんのために、部屋の掃除、ご飯作りのお手伝いをしたりしています。

まだ始めたばかりですけど、徐々に利用してくださる方も増えているんです」

美紀さんはとても前向きですから、気持ちの切り替えも、とても早かったようです。

前世での体験と今世での役割を知ることで、自分の進む方向が明確になり、すぐに進み始めることができたのでしょう。

 

さらにそれから2年後、美紀さんがカウンセリングに来られ、その後のご報告をいただきました。 

美紀さんの事業は徐々に利用者の方も増え、現在は法人化して、人も雇い、さらに内容も拡大して、大きく展開しているのだとか。

そして、子育て中のお母様の支援ができる人材育成の講習なども行い、今は美紀さんの事業は有名になっています。

現世の美紀さんには、「社会を育てる」という課題がありました。 

前世を知ることで、その課題に向き合うことができ、そして前世の経験を現世に生かすことができ、自分自身が進むべき方向の道しるべになりました。

 

美紀さんの課題は「社会を育てる」ことで、現世においては「結婚しない」という 選択肢を持っていました。

すなわち、「結婚しない」ということは、ネガティブな意味ばかりではなく、人によっては、そのほうがポジティブな意味合いであり、その人の課題やカルマが関連しているのです。 

美紀さんの近況報告の最後には、このようなことも口にされていました。

 

「実は、私にもパートナーができました。事業を行う中で知り合ったのですが、社会貢献したいという志が同じで、私の事業も手伝ってくれています。

 彼は、海外でのボランティア経験もあって、アフリカにも何度も足を運んでいるそうです。そして、こんなことを言っていたんです。

『なんか、アフリカの大地で大自然を目にすると、昔、俺はここにいたんじゃないかな……って思うんだよ。なぜか、幸せな気持ちになるんだ』と。

私は彼のその言葉を聞いて驚いたんです。小林さんの霊視されたサバンナの私の前世とリンクしたんです!

私が勝手に思っているだけかもしれませんけど、もしかしたら、あの前世の夫が今の彼なのかもしれませんね。

私たちは、結婚はしません。その気持ちは、お互い一致しています。

彼には3人の子どもがいて、奥さんは事故で亡くなられています。

ですので、私たちは結婚という枠にとらわれるのではなく、人として尊重し合い、そして共に、今度は『社会を育てること』に貢献できれば、というのが私たちの気持ちなのです。

彼の子どもたちはもう大きくて、彼同様、海外のボランティアに行くことも多いようです。

そして、私たちの仕事を手伝ってくれることもあり、みんなで社会貢献できているという実感が、私には何よりも嬉しいのです」

美紀さんの現状をお聞きして、私は、とても嬉しく感じました。

 

そうです。その彼は、美紀さんの前世での夫なのです。

前世で夫を支え続けてくれた妻を、現世では、逆に支える立場として出会ったのでしょう。

 

仮に、もし美紀さんがカウンセリングに来られた当時のように、ずっと「結婚すること」に執着し、そのことばかりにフォーカスし続けていたら、この彼との出会いもなかったことでしょう。

 

霊視の相談や霊視鑑定ならスピリチュアルカウンセリングのTOPへ戻る

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。