時を待つ

「時を待つ」と言う言葉がありますね

何かを行う時には誰しもその時期と言うものがあります。

その時期がくれば、本来進むべき方向に自然に回って行き、周りもその様に動いていくものです。

自然な流れの波に乗って進んで行けるのですね

 

しかし、その「時期」ではない時に無理をして物事を進めてしまうと、
何をしても裏目にでたり、失敗したいするもの。

スピリチュアル的な視点からすると、様々な失敗ですら、
自分の必要な学びである、とは言いますので、その経験1つ1つは大切な事ではあるのですが、
ことごとく物事が上手く流れないと、不安になった、焦りが出たりしますよね….

ですので、そんなことが連続した時は、少し動きを止めてみてください。
大きな波に飲み込まれてことごとく失敗に終わってしまったり、
いろいろな邪魔などが入り、ストップさせようとする力も働いたりすることもあります。

いずれにしても、少し停止させて
自然な流れに任せ、何事にも無理をせずに過ごせば、必ず進むべき方向性に自然と導かれて行きます

このように動きを止めると、無理やり逆に動かそうとしていた霊的なエネルギーが、
起動を修正しよう、という方向に向かいます。

無理やり動かして糸をこんがらがせるより、解いていく方向性に自然に向かうものです。

 

これをそれでも無理に進めると悪循環の方向にどんどん回り始めるので、
負のスパイラルから抜け出しにくくなります。
一見問題が解決したように思っても、この無理やり動かしたことが原因で、
結果が思わしくない方向に向かい、結局軌道修正するのに遠回りになります。

 

例えば、私の友人でこのような事がありました

 

私の友人は前職の同期だった知り合いに一緒にビジネスを行おうと持ち掛けられました。
長年、前職が同じで信頼していた相手なので、すぐにOKして共にビジネスをはじめました。

友人が代表、相手はいろいろな事情から表面上は従業員として。

しかし、新しい事業を始めるのに、なんか心がワクワクしないと言っていました。
もちろん自分のやりたかった仕事(やってきた仕事)のはずなのに、
心がいつも重い感じだったそうです

※ここが第一シグナルで、霊的エネルギーが「そちらにむかってはダメ」と
発信していたのを、彼女は「心が晴れない」と言う感情で受け取っていたのです。

 

事業を立ち上げ後、いつもなら上手く行く取引がなかなか上手く行かなかったり、
前職からお付き合いのあった事業者さんも、なかなかコンタクトが取れず、
進めていたプロジェクトも、ことごとく駄目になりました。

すぐに赤字となり、それを埋めるために、寝ないで仕事の組み直しをしていたのですが、
一緒に始めた相手の女性は、前職ではとてもフットワークが軽かったはずなのに、
ほとんど私の友人任せにして、赤字に対しての危機感があまりなかったようです。

 

これが2年ほど続き、赤字が埋めきれなくなってきました。
少し相手の女性に対しても信頼感が薄くなってきたそうです

※これが第2シグナル、ここでもうやめる事を考えれば良かったのですが…..

 

そこでチャンスが来ました!

しかし、それは無理やり進めた結果に向かう嵐の前の静けさだったのですね

大きな仕事が契約でき、そのプロジェクトが上手く行き、一気に大きなお金が
入って来ました。忙しくなり、それに一生懸命のあまり、お付き合いしていた彼とも
なかなか会う時間が取れず、その結果、彼とはお別れすることに。

大きな取引が上手くいっていたので、この調子で、事業を拡大するために、
銀行に多額の借り入れをして、業務拡大。

※もうここまでくると辞めようとか止められなくなっていますね。
一見よく回り始めたようですが・・・

 

ところが、ある時、契約先が契約を打ち切りたいと申してきました。
彼女はその会社との契約を前提で事業を拡大したので、打ち切られたら困ります。
代わりの取引先はそもそも見つかるわけもなく、とても特殊な仕事なので、
そこを打ち切られると多額な借金を抱えたまま事業が回らなくなります。

彼女は悩んでいました

なぜ突然契約打ち切り?
こんなに上手く行っているのに、相手の会社も我が社を切ったら、
代わりに出来る人が居なくて困るはずなに・・・・(友人の会社しか出来ないような事業でした)
winーwinだったはずなのに・・・

そして、共同経営(だった?)相手の女性は逃げるように去ったそうです。
相手は名目上は従業員だったそうなので、何の責任も持たず、脱げてしまったのです

 

友人は会社は閉じ、大きな借金が残ってしまいました。

疲れ果てて、うつ病になり、結婚を考えていた彼とも別れててしまっていたし、
借金も抱え、大変な状況へと・・

 

そして、それから1年くらいして分かったこと。

逃げるように立ち去った友人が、何と契約破棄された会社と提携して
自分で事業を起こしていたそうです!!(契約打ち切りの裏側背景にはその女性が関わっていたそうです)
もっと極めつけは、彼女は、友人の別れた彼と交際していたそうです!!!

と言う、私の知人の話でしが、これは、ことごとく上手く行かないのに無理やりことをどんどん進めた結果負のスパイラスになってしまいました。

 

もっと前の段階でストップしていればここまでにはならなかったはずです

友人はこう言っています

「今考えて見れば、ことごとく上手く行かないのと同時に、なんか変だ、と感じていたのに
進めてしまったの・・・」と。

 

霊的なセンサー(シグナル)が何度もありましたね….

友人にとっては、まだ事業を進める時期では無かったのです。
今始めると上手く行かないよ…
この女性を信頼してはダメだよ…
と、色々なサインが出ていました

 

あれから10年以上経ちました今では、友人はまた自分で事業を起こしました。

とても成功して、活き活きと仕事に向かっています!

 

この流れも・・・・

 

あれから友人は、地道に資格や勉強したいことを習得し、
またいつかは自分で事業を始めたい、と思いながらある会社で従業員として働いていました。

 

そこで、自然な流れで、事業の話がふと舞い込んできて、
あれよと言う間にどんどん話が進んだそうです。

そして何よりもあの時とは違い、立ち上げ時に「心がワクワク」したそうです

自然に導かれたこの流れ時こそが、友人にとっての、その「時期とタイミング」だったのです。

その「時」が来ると、不思議に自然と良い話がふっと来たり、

ふとアイデアがひらめいたりもします。

これは自分の守護霊様が、「時期ですよ」とGOサインを出すのですね

 

そうでないときは、友人の話のように、どんどん負のスパイラルになり、
それを強引に進める、と言う原因を作ると結果としてあのようになってしまいました。
どこかでそうなる前に止めれば良かったのですね・・・

 

「心がなんかすっきりしない」という事にはなるべく深く関与せず、
自然に回り始める「時」を待ちましょう

 

霊視カウンセリング申込み

霊視の相談や霊視鑑定ならスピリチュアルカウンセリングのTOPへ

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です