運気を上げるエネルギー法「水の力」1~4

誰しも生きにくさを感じたり活力が無くなったり、という経験があるでしょう。
生きづらさ、動揺、苦しみ、嫉み、寂しさ、悲しみ、恐れ――
そのような状態のときはエネルギーが低下しています

火、水、風、地、空、光……

自然には大きなエネルギーが宿っています。
そのエネルギーをあなた自身に取り込む事で活力が戻ってきます

その方法は….

どれも、簡単にできることばかりです♪

スピリチュアルな意味や方法を取り入れられる様々な方法を紹介していきます♪

 

 

水 の エネルギーの力が不足すると、 物事がうまく進まなくなり、 居心地の悪さや不安を感じるようになります。 何をしても感動や喜びを得られず、無味乾燥な人生だと感じてしまいます。

 

(過剰になると?)

水のエネルギーが過剰になると、小さなことに反応しすぎたり、 周 囲に流されやすくな ったります 。 また、落ち着きがなくな って フラフラしやすくなります 。

 

(不足すると?)

水のエネルギー が不足 すると、物事 がうまく進まなくなり、 居心地の悪さや不安を感じるようになります。 何をしても感動や喜びを得られず、無味乾燥な人生だと感じてしまいます

 

 

1 手に塩を塗り水で洗う

「制限」はもういらないようです。これまでたくさん我慢をしてきたのではないですか? これからは、自由に、あなたのやりたいことに向かって進むことができます

 

物事がうまくいかず
苦しさを感じていませんか?

停滞感という闇は、水の力で解くこともできます。水道
の蛇口から水を流して手を触れ、邪気が流れ出ていくイメージを描きます。手のひらは微細なエネルギーをキャッチし、放出する場所。同時に、普段からさまざまな物に触れていて、邪気を受けやすい場所でもあります。水で邪気を洗い流し、水のエネルギーを取り込みます。神社仏閣に
ちょう ず や
行くときに手水舎で手を洗うのも同じ意味があります。神
聖なエネルギーを取り込むには、まず闇を解いておかねばなりません。

 

2 寝る前に川の上に立つイメージをする

未来だけに向かって進むときです。未来はもうあなたを見つけていて、あなたがそれに気づくのを待っています。幸せになっていい、そう許可してください。

過去に囚われ、
動けなくなっていませんか?

過去に傷つき、うずくまっているときは、目を閉じて立
ち、川の中にいるイメージをしてみてください。川上から流れてくる水を川の中で受けとめているイメージです。流れてくるのはあなたの未来。過去は水に流されて、どんど
とら
ん遠くへと行ってしまいます。もう、過去に囚われる必要
はありません。未来から流れてくる可能性や夢、温かさを感じ、受け取ります。水は過去のつらさや悲しみをすべて流し、あなたに清らかな未来を届けます。未来は生み出され続けています。

 

 

3 コップ1杯の水を飲む

新しい楽しみ方を見つけてみましょう。あなたの人生に彩りを加えられるのはあなただけ。憂鬱さや自信のなさにフォーカスするのをやめて、楽しみ方を見つけます。

 

何をしても楽しめない、
そう心が冷えていませんか?

何をしてもつまらない、楽しめない、どこか憂鬱な気持ちのときには、水のエネルギーが足りていないのかもしれ ません意識して水を取りこみます。とくに、朝起きぬけ に、きれいな水をコップ一杯飲むことで、体内の水の流れ を促します。また、水を飲むときは、水のありがたみを感 じながら、からだの中に水のエネルギーが染み渡っていく イメージを描きます。そうすれば、乾いたからだに水が行 き届き、細胞ひとつひとつに元気がよみがえります。水は、からだの中を循環し、淀みという闇を解き

 

 

4 汗をかく

あなたはすでに完全なる存在です。自分の不足を埋めようと してきた日々は 終 わりです。
あなたが 持っているものに目を 向けてください。

 

からだが重くシャキッとしませんか?
落ち込んでいるとき、ネガティブな思考に囚われたとき、
悩みがあるとき、からだを動かし汗をかくとスッキリした 経験がある人は多いでしょう。

からだを動かすと、体内の 水の流れが活発になり、たまった闇が汗とともに体外に排出されます。

適度な運動がからだにいいのは、筋力や体型 を保つためだけではなく、
汗をかくことでからだの中の水が、循環するからです。運動は「運」を「動かす」と書きます。
気分がすぐれない、心が疲れていると感じたら、汗 をかく運動をし、体内の水の循環を活性化させます

 

 

カウンセリング申込み

霊視の相談や霊視鑑定ならスピリチュアルカウンセリングのTOPへ戻る

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です