運命の人を待っていませんか?

私の運命の人はどこかにいる・・・・と、運命の人を待っていませんか?

スピリチュアル的視点では、この世に生まれ、全てもの人生は自分自身で作り出していくものなのです。

ライフプランと言い、この世に生まれ、何をするべきかの課題は皆それぞれに決まっています。

前世から持ち越したカルマに準じて、この世で果たすべき課題が決定されます。

しかし、その課題をどのように乗り越えるべきかの道は決まっていません。

自分自身が作り出すものなんです。

その中で、「運命の人」を待っている人がいますね。

どこかにソウルメイトがいるのではないか・・・

私と価値観がぴったりな相手がいるはず・・等々。

しかし、運命の人は待っているだけでは訪れません。

運命の人は運命の人だと思えるほどの関係性を自らが作り出すもので「運命の人にしていく」ものです。

相手を思いやり、共感し、様々な思い出を共に作り、時には喧嘩したり、悲しんだりと相手を大切にしながら過ごした日々が「絆」となり、運命の人と呼べる関係性にしていくんです。

待っているだけでは訪れない、

「お互いが作り出していくもの」ですね♪